マルチパフォーマンス・コミュニティ

組頭 山城祥二(大橋 力)

芸能山城組主宰。作曲・演出などアーチストとしての活動とともに、本名の大橋力(おおはし・つとむ)名で情報環境学の提唱や脳科学者として「ハイパーソニック・エフェクト」を発見するなど、多彩な活動をおこなっています。

最近も、ウルトラディープ・ハイパーハイレゾ『交響組曲AKIRA2016』をはじめとするハイレゾ音源配信、NEWoMAN(新宿駅新南エリア)の音環境構築など、時代を牽引するそのアクティビティは、世界的な注目を集めています。
2017年9月に『ハイパーソニック・エフェクト』が岩波書店から刊行。また、米国Milan Recordsから、LPレコード版『交響組曲AKIRA』が発売され、大反響を呼んでいます。
2017年12月4日~8日、日本経済新聞夕刊の「人間発見」のコーナーで、文明科学研究所所長 大橋 力の取材記事が5回連載されました。

【略歴】
1933年栃木県生まれ。東北大学卒。筑波大学講師、放送教育開発センター教授、千葉工業大学教授、ATR人間情報通信研究所感性脳機能特別研究室室長等を経て、現在、国際科学振興財団情報環境研究所所長、文明科学研究所所長。
著書に『群れ創り学』『仮面考』『情報環境学』『人間と社会環境』『音と文明-音の環境学ことはじめ』『ハイパーソニック・エフェクト』ほか、岩波書店「科学」の連載、論文など多数。
作品に群芸「鳴神」や「翠星交響楽」「輪廻交響楽」「交響組曲AKIRA」など多数。
受賞に日本レコード大賞企画賞、日本アニメ大賞最優秀音楽賞、国際放送広告賞、クリオ国際賞、ACC賞、ダルマ・クスマ勲章、芸術祭奨励賞、中山賞大賞、木村重信民族藝術学会賞、日本プロ音楽録音賞ハイレゾリューション部門「審査員特別賞」など多数。

日本プロ音楽録音賞受賞

PAGETOP
Copyright © 芸能山城組 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.