日本科学未来館 零壱庵で、3月29日(月)から展示開始
高解像度の音と映像で、山城祥二(=大橋力)の作品づくりの背景に迫ります。

日本科学未来館展示「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」
©1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

日本科学未来館(東京都江東区)で、2021年3月29日(月)から、常設展3階「未来をつくる」のギャラリー「零壱庵」の新展示「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」が2022年2月まで公開されます。
映画「AKIRA」の音楽は、作曲家 山城祥二(芸能山城組主宰)独自の制作手法とフィールドワークで収集した世界の民族音楽をもとに生まれ、「AKIRA」の世界観を支えています。本展示では、その制作背景を展示映像で読み解き、高解像度のサラウンド音体験を楽しめます。

1988年公開の映画「AKIRA」は、漫画の原作者・大友克洋氏が自ら手掛けたアニメーション作品。その舞台となる2019年の混沌としたネオ東京は、現在の東京と重なる部分があります。そして緻密な筆致による画風は、国内外のコミックやアニメ作品に多大な影響を与え、「ジャパンクール」の原点といわれています。映像に先んじて創られた山城祥二作曲のサウンドトラック『交響組曲AKIRA』は、近年ハイレゾ化され、海外でレコードが再発売されるほど、今でも人気を博しています。

〈ホモサピエンスの採るべきライフスタイルとは何か〉を探る科学者(本名 大橋力)として実験に明け暮れ、音楽の専門教育を受けていない山城が、大友監督たっての要請を断り切れず、映画音楽を探求しながら初めて創った作品。それを可能にするために「サウンドモジュール方式」という新しい作曲方式を開発し、世界をめぐるフィールドワークで体験した音(声や民族楽器等)をも駆使して近未来のネオ東京を描いています。
こうして創られたAKIRAの音楽は、作曲した山城にとってサウンドトラックの処女作だったにも関わらず、第6回日本アニメ大賞最優秀音楽賞に輝くなど世界的大成功を収めました。39年後に米国ミランレコーズからリリースされたレコードは米国ビルボード・チャートのアナログレコード部門で第5位を占めるなど、現在でも全く古さを感じさせません。
山城(=大橋)は、自然科学研究者でもあります。その活性はユニヴァーサルかつハイレベルで、分子生物学、微生物学、情報科学、聴覚生理学、音響学、生態人類学、人工生命などを超学際的に統合したその独特の地平はほとんど類例をみません。
アーティストかつ科学者という稀有な存在から生まれた『AKIRA』の音の奇蹟の一端が、この展示で解き明かされます。山城による新リミックスコンテンツが会期中に公開される可能性もあります。

展示内では、映像制作・堀田英仁氏、デザインアートディレクション・安田昂弘氏の指揮のもと、3面にプロジェクターで投影する映像によって制作背景を紹介。山城自身が設計した可聴域以上をも再生可能な6台のスピーカーによるサラウンドの音を体で感じながら展示空間に浸ることができます。ぜひ高解像度の音体験をお楽しみください。

〔概 要〕
タイトル   「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」
公開日       2021年3月29日(月)
開館時間    10:00~17:00 (入館券の購入は閉館時間の30 分前まで)
休館日       火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
展示エリア  日本科学未来館 3階 常設展示「零壱庵」
入館料       大人630円、18歳以下210円 ※オンラインによる事前予約が必要です
総合監修    伊東順二(東京藝術大学)
特別協力    芸能山城組(山城祥二 仁科エミ)
企画制作    日本科学未来館

日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151